SBC新宿近視クリニック

イントラレーシックとは近視矯正手術であるレーシックのうち、アメリカINTRALASE社のイントラFSレーザーを使用する手術である。痛みが少なく短時間で済むので、近視矯正を試みる人たちに人気のある手術法だ。また、職業上の事由等で、眼鏡および、コンタクトの装着が難しい人たちには希望の光となっている。

人が物を見るためには、視認すべきものの像を網膜上に確実に結ぶことが必須の条件である。角膜、水晶体は、光を屈折させるカメラのレンズの役割をなすが、何らかの異常で適正に像を結べぬことがある。網膜より手前に結んでしまうのが近視、遠くに結んでしまうのが遠視、乱れた像を結んでしまうのが乱視である。

イントラレーシックの治療対象は、主に近視である。眼の表層を覆う角膜を薄くめくり(これをフラップ形成という)露出した角膜実質層にレーザーを照射することで角膜の屈折率を変え、きちんと焦点の合った像を結べるようにすることで、近視を矯正する。

従来のレーシックとの違いはフラップ形成の際、マイクロケラトームと呼ばれる器具を使用するのに対し、イントラレーシックは総てをレーザーで行うという点である。このことによって、角膜をより薄く切り出し、眼への負担を少なくした繊細な手術ができる。それまで角膜が薄くレーシック手術を受けられなかった人も手術を受けることができるようになったので朗報である。またメリットとして術後フラップ部の皺ずれが生じにくい、夜間の視力が従来の物よりも高くなるなどの報告が上がっている。

術後の回復は、体調やメンテナンスの具合によって、個人差がある。点眼薬を必ずさす、サングラスの着用、眼の周りを触らないなど、細やかな配慮が必要である。

現在のところ失明などの重篤な副作用は報告されていないが、レーザー照射のし過ぎによる乱視、光を見た時にその周りに光輪ができるハロー・グレア現象などが報告されているので注意が必要である。

イントラレーシックの価格については、大きくばらつきがあり、10万円を下回るものから、30万円以上かかるものまである。通常のレーシックよりは、相場が割高だとの感が否めない。

どの病院を選ぶにせよ、事前に下調べを入念にし、説明がしっかりしていて、些細な疑問にも答えてくれるか、院内が清潔であるか、術後何か異常があったらすぐに対応してくれるかなどを吟味する必要がある。

ホームページ